メインメニュー

「惚れルンです」という媚薬を使って不倫相手との濃厚なセックス体験談

最近面白いものを発見したのでレポします。

惚れルンですというものなんですが・・・知ってる方、いますでしょうか?

この体験談で使用した媚薬

惚れルンです

「惚れルンです」は販売実績も長く媚薬の中では老舗中の老舗商品。気になる女性へ惚れルンですを一滴垂らせば20分で強制発情。相席居酒屋やクラブでナンパした女性はもちろん、女性の不感症対策としても効果を発揮。

この体験談は6分で読めます。

ちなみに自分、既婚者です。

こう言っては何ですが自分、スケベ男どころか、昔から性欲の塊みたいなどうしようもない人間でして、最低でも1日1回は出さないとダメなんです。

小遣いは今まで全部、ピンサロとビデオBOXにつぎ込んで、それでも足りないから家でも風呂場でオナニーしてたり、いい年して何やってるんだと自分でも思いますが、それでも勃起がおさまらないんです。

もうすぐ40になろうとしているオッサンがこんな感じですから、当然嫁には呆れられてるというか、ほとんど家庭内別居状態です。

嫁でも何でもいいから穴だったら挿れたい、っていうのが本音なんですけど、最近はウチの嫁、指一本触らせてくれません。というか、汚物を見るような視線すら感じます。

でも、心当たりがありすぎるんで当然と言えば当然なんですが、ピンサロでオキニの子からもらったメッセージカード、財布にギッシリ入れてたのがバレたせいかな?それとも、家のパソコンでXVIDEO見まくってるのがアクセス履歴でバレたのかな?

だとしたら間違いなく変態扱いですは私、アナルものが好きですから。

仕方ない、これからは風俗に行きまくるか・・・なんて思ってみたものの、金が続かないんですよ。

どこかにいつでもお願いすればセックスをさせてくれる生身のオナホールみたいな女がいたらいいのになーとかずっと妄想してました。

そんな女性いるわけないと思うでしょう?でも実はいるんですよ。

結構可愛くて、僕より15歳も若い都合のいいオンナ。はっきり言ってしまえば不倫相手です。

見つけたというよりは「仕込んだ」って言った方がいいかもしれません。媚薬で思いっきり、何でも言うことを聞く女にしたんです。

それで、惚れルンですっていう媚薬なんですが、何かこれ使うと女の子が面白いくらい言いなりになるんですよね。

自分はそういう趣味はないんですけども、床に垂れた精子を舐めてってお願いしたら、本当にきれいに舐めてくれます。おしっこ飲んでっていったら、「はい」って。

自分のセックスは結構あっさりしてるので、とにかく回数できればそれでいいタイプなんですけどね。完璧にメス奴隷みたいな感じです。

そのお相手っていうのがちゃんと会社勤めをしてる子で、普通に可愛らしい感じなんです。

一見清楚そうだけど実はエロそう、みたいな女性ってたまにいますよね?でも、その子はもうどこから見ても真面目そうで、そのうえ気立てもいいんです。

外面はいいけど中身は、なんてことは全然なく、男だったらみんな嫁さんにしたいって思うような本当にいい子。仕事は割とちゃんとした会社で法人営業をやっててます。

法人営業ってビジュアル勝負ですから、求人の時に顔で選ぶところ、結構多いですよ。

その子も華があるといいますか、ちょっと知的な感じの美人で、見た目としては申し分ないわけです。

でも、なんでそんな子と知り合えたかっていうと、実は仕事絡みだったりします。

彼女がウチの会社の担当になったっていうので、挨拶に来たのが最初でした。

それでちょっとお茶するくらいの関係にはなったんですよ、あくまで仕事上のことですが。

もちろん、いい関係になる前にその子で死ぬほどオナニーしまくりました。頭の中であらゆるシチュエーションを試しましたね。

可愛い子を見たらオカズにするのは男の性ですよね。

いつもならそこで終わりなんですが、ネットで買った惚れルンですを試したらどうなるのかな?とか思ってしまったわけなんです。

この惚れルンですっていう媚薬、女の子に飲ませるだけでお相手の欲情に火をつけるって口コミで見ていたので、いつか試してみたいなと思っていたんです。

でも、飲ませたのがバレて大事になったら、会社クビだよな、なんて心配もしてみたり。

とりあえず、お酒とかならバレにくいかなと思って、飲みに誘ったんです。仕事上はこっちがクライアントですから、断れないわけですよその子も。

彼女:「誘っていただいて本当にありがとうございます。ところで、先日ご提案させていただいた件ですが、ご検討いただけましたでしょうか?」

なんて、飲みの席なのに彼女は全然仕事モードですよ。

真面目な子なんです、本当に。

それで惚れルンですを飲み物に垂らす瞬間は緊張よりも期待の方が大きくて、僕は全然気にならなかったから彼女がお手洗いに立った時を見計らって、ビールに思いっきり入れてあげました。

あんまりお酒のペースが早くない子だったので、たくさん入れた方がいいと思って、10滴くらいいれましたね。

自分:「例の件さ、僕の方で上司に上手く言っておくから、心配しないで。今日はおごりだから飲んでよ」

なんて言ったら嬉しそうに惚れルンです入りのお酒を飲んでましたね。

どのぐらいで効果が出るのかな?と思ってたら効き始めるのが結構早かったですよ。お酒と一緒だと身体にまわるのが早いんでしょうね。15分経ってなかったんじゃないかなと思います。

最初は「あれ、酔っ払ったのかな?」って思ったんですね。

彼女は「こんな風にいつも会社の経費で飲んでばっかりいるんでしょ?ねえ、他の会社の営業の子とかもみんな誘ってるんじゃないですか?そうでしょ?ヤダ図星?」とか言ってきて、さっきまで仕事の打ち合わせみたいだったのに、ノリがいいからこっちも下ネタトークでかまをかけたら、すっごい食いついてくるんです。

自分:「家では俺、嫁に生ゴミ以下とか思われてるからさー、もうずっとセックスレスだよ」

彼女:「セックスレス?いまセックスレスって言いました?」

あまりに彼女の声が大きいから他のお客さん、みんなこっち見てました。

なんかすっごいハイテンション、かと思うと、彼女だんだん息が荒くなってきて、熱でもあるのかな?っていうくらい顔がほてってきたんで、ちょっと僕も心配になってきたんです。

自分:「ちょっと大丈夫?トイレで顔洗ってきたら?」

なんて声をかけても話が止まらないので、介抱しなきゃと思って肩を貸して、お手洗いに連れて行こうとしたんです。

そしたら彼女の髪がファサッと僕の顔にかかってめっちゃ欲情してしまいました。それでつい髪を触っちゃったんです。

そしたら抵抗しないどころか、なんかエサを欲しがる猫みたいになついてくるんですね。

「あ、これいける!」

すぐ分かりました。

すぐにお会計して、タクシー呼びましたよ。

でね、タクシーの後部座席でチューしました。軽くじゃなく、ディープです。

運転手さんに「一番近いホテルどこ?」って聞いて向かってもらいました。

もちろん彼女に「ホテル行こうか?」なんて聞いてませんよ、そんなこと聞くまでもない状態でしたから。

彼女から「ねえ、ホテルまだ?いつ着くの?」とか急かされちゃうくらい。しかも彼女「こういうの、職場にバレたら絶対やばいですよね?秘密ちゃんと守れる?」なんてまたベロチューしてきました。

それで着いた先のラブホが、ついてないことに満室で、彼女はもう身体ガクガク震わせてるんです。

またタクシー拾って他のラブホに行くのとか無理だなと思って、清掃中とか言ってる部屋、無理やり空けさせました。

すぐにチェックインしてスーツを脱がせたらわかりましたよ、なんで彼女そんなに身体を震わせてるのか。

パンツだけじゃなくストッキングまで濡れてました。

それを見て僕も頭の中が真っ白になってしまって、思わず股間に顔を埋めてしまったんです。

女性ホルモンの匂い、存分に堪能しましたよ。

すっごい生っぽい、なんとも言えないエロい匂いです。

彼女ね、もう脱ぎたくて仕方がないみたいで、自分でストッキングを脱ごうとするんですが、なんか力が入らないのか上手く行かなくて、惚れルンですが効きすぎて頭がまわらないんでしょうね。

自分が脱がせつつ、そして全身舐め回しつつ、そしたらまた反応がいいんですよ。

彼女:「そこ、そこヤバい!あ・・・そこ本当にダメ、あっ、ヤダ・・・やめて」

言ってること無茶苦茶だけど、何してもいいんだなってことはわかりました。

そしていよいよパンツを脱がせたら、彼女めっちゃ毛深かったです。

自分としてはこういう清楚な子がムダ毛の処理とか全然してないの好きですね。

アソコをぐわっと開いたら、中が燃えるようなピンクで、ひくひくしていて・・・我慢できなくて即挿れちゃいました。

彼女:「もっと奥!奥突いてダメッ!ヤダやばい奥!」

彼女、アソコの奥を突かれるのが好きみたいです。

自分が「じゃあバックの方がいいんじゃない?」って言ったら、めっちゃエロいポーズでお尻グッと突き出してきました。

いいお尻してるんですよね、くびれもきれいだし。

後ろからズブズブ挿し込む瞬間は、ちょっとじらしてゆっくり。そして「もっと奥・・・」とおねだりされたところで、お望み通りバッコバコに突いてあげました。

よっぽど感度が高まってるのか、それともアエぎ声すら出せないくらい感じちゃってるのか、一番奥に当たってる時「・・・・・・ンッ!」って、押し殺したような声を漏らすんです。

でも僕のピストンに合わせてお尻を前後させてくるから、もうアソコの奥の奥まで当たっちゃう。そのまま出してもよかったんですが、あえてチンポを引き抜いて「舐めてみる?」って顔に押し付けました。

もう彼女の体液と僕のカウパーがごちゃまぜになって、しかもそれがちょっと泡立ってたりして、とてもじゃないけどどんな味がするのか想像もできないチンポ。

彼女に「めっちゃ硬い・・・好き」とか言われて、めっちゃエロい音をたてながらしゃぶってました。

彼女の顔はすっごいやらしかったですよ。

普段の彼女からは想像できないエロさ。あんまりいい顔だったんで携帯で撮っちゃいましたね。

それで今度は正常位でチューしながら挿入したいなと思って体位を変更して、挿れる前に惚れルンですをペニスにたらしてみました。

実際、効いたと思いますよ。彼女すっごい淫れて、僕より先にイキましたから。

彼女:「ねえ、出すの?中に出すの?出ちゃうんでしょ?欲しいの!!」

とりあえずベロチューで口を塞いで、途中でやっぱり中出しは絶対嫌とか言われないようにしつつ、高速ピストンして思いっきり出してしまいました。

もちろん後のことなんて何にも考えていません。

彼女もそんなこと、ちらっとも考えなかったんじゃないですかね。

その後立て続けに2回中出ししましたが、何も言われませんでしたから。

それ以降も当然関係は続いていますけど、最近は惚れルンですを使ってること、彼女に言っちゃってるんですよ。

というか「口、アーンして」とか言って惚れルンです直垂らしたりします。

あと、毎回避妊しないので彼女ピル飲んでるみたいです。

彼女との関係は今のところ、会社関係にはバレていません。まさか自分なんかが取引先の若い子とセックスしてるなんて誰も思わないんでしょうね。

ただ、嫁はちょっと感づいてるかもしれないです、毎週土日はラブホに籠もって家に帰りませんからね。

とにかくセックスは充実しています。

こんなおっさんですが、生きてて最高とか言いたい気分です。

あ、でもちょっと欲を言うと、やっぱり毎週同じ相手だとちょっとは飽きがきますね。

美人は3日で飽きるなんていいますけど、たまには違う子とセックスしたい気分になりますから、惚れルンです使って出会い系でもやってみようかと思います。

投稿者:南さん|埼玉県在住 40歳

この体験談で使用していた媚薬

惚れルンです

「惚れルンです」は販売実績も長く媚薬の中では老舗中の老舗商品。気になる女性へ惚れルンですを一滴垂らせば20分で強制発情。相席居酒屋やクラブでナンパした女性はもちろん、女性の不感症対策としても効果を発揮。

あとがき ~媚薬賢者タイム~

管理人

飲む媚薬「惚れルンです」を使えば家庭内別居もなんのその!とも言わんばかりの使用体験談ですが、おじさんになってなって若い女性をゲットするにはお金か媚薬しか方法ないんでしょうかね。私も20代の痴女的な女性をセフレにしたことありますけど、外見が真面目な女性ほどエロいんですよね。

体験談募集のお知らせ

管理人

当サイト、媚薬バイブルでは貴方の媚薬体験談を募集しております。新商品やおすすめの媚薬を使った媚薬体験を男性、女性問わず投稿をお待ちしております。投稿はこちらから